INFORMATION

TOPICS

more

CONCEPT

北海道には世界に誇る文化がある。
この広い北海道という大地の財産は何か、かつ本州にはないものは何かと考えた時、
先住民族であるアイヌの文化ではないだろうかと思う。文字を持たない、
日本語とは全く異なる言語文化を有しているアイヌの人々が
暮らしているということは夢のような現実の話である。

写真文化首都「写真の町」東川町

INTRODUCTION

私たちを知って下さる多くの方に
読んでいただく事が出来ますならば、
私は、私たちの同族先祖と共に
ほんとうに無限の喜び、
無上の幸福に存じます。

(知里幸恵『アイヌ神謡集』より)

全てに神が宿ると信じ、北海道の厳しくも豊かな自然と共存してきたアイヌ民族。
その生活も文化も和人が入って来た事で奪われてしまいました。
生活の糧であった狩猟・サケ漁が禁止され、住んでいた土地が奪われ、アイヌ語が禁止された差別と迫害の日々。

1903年に生まれた知里幸恵さんも差別の中で生きた少女でした。
成績優秀にもかかわらず、アイヌだからという理由で希望する学校への進学が許されず、差別を受け苛められたのでした。

彼女は幼い時からユカㇻ(詩物語)を聞いて育ち、アイヌ語学者金田一京助教授から勧められ、文字を持たないアイヌ文化を初めて日本語に訳したのでした。
それは、失いつつあったアイヌ文化の文字での継承であり、アイヌ民族に自信と誇りを与えるものでした。

本映画を通じて、北海道の開拓に多く貢献し、差別と迫害と戦い続けてきたアイヌ民族の事を少しでも理解していただき、苛めと差別のない共生社会となり、未来に向かって日本中、そして世界中に融和な社会が拡がることを切に願い、本映画を製作するものであります。

『カムイのうた』監督 菅原 浩志

more

STORY

今から100年前。

アイヌの血を引く少女テルは、アイヌの子供達だけが集められた土人学校に通っていた。しかし、その学校ではアイヌ語が禁止されていた。
第七師団の軍人が土人学校を訪れた時、授業中にもかかわらずテルたちは熊祭の踊り・イオマンテを踊るように強要され、見世物として扱われていた。
学業が優秀なテルは、女学校への進学を希望し受験する。合格点を遥かに超えるものの、結果は不合格。

叔母のエンネッコンが校長に理由を問うと、
「あの学校は軍人や偉い人の子供が行く学校じゃ。その子達を優先して、アイヌを合格させる訳にはいかんのじゃ」
テルがどんなに努力しても、アイヌの血を引いているだけで差別を受け、未来への道が閉ざされていた。
エンネッコンはアイヌの口承文芸ユカㇻをテルに歌い聴かせていた。ユカㇻに心癒されるテル。
エンネッコンが語る。
「シサム(和人)は知らんのだよ、アイヌの心を。全てにカムイ(神)が宿り、カムイが与えてくださっていることを……」
叔母の愛情を感じながらも、テルは自問する。
「この苦しみもカムイの神様が与えているの?」

***

アイヌの青年、一三四(ひさし)は祖父の墓が盗掘に遭ってから、墓荒らしを捕まえようと見張っている。
アイヌは土葬で、故人があの世に行った時のために剣や宝石を一緒に埋葬する。死者の眠りを妨げてはいけないと墓参りをしないアイヌの習慣を逆手に、墓を掘り起こし、盗掘する者が後を絶たなかった。
一三四が盗掘の被害を警察に訴えても、アイヌというだけで相手にしてくれなかった。それでも訴え続ける一三四に告げられたのは、アイヌ墓場を掘り起こすのは盗掘ではなく、研究の為であると。
一三四は諦めず、祖父の遺骨を還してほしいと訴える。

***

エンネッコンのユカㇻを聴きに東京から列車を乗り継ぎ北海道までやってきた兼田教授。彼はアイヌ語研究の第一人者。ユカㇻを熱心に聞き入る姿が、テルには不思議だった。
「先生はユカㇻを聞きに、こんな遠くまで来られて、ユカㇻはそれほど価値があるのでしょうか?」
兼田教授は答える。
「ユカㇻはアイヌ文学の雄大な叙事詩で、優れた伝承文学です」
教授はアイヌ語と日本語が流暢なテルに、ユカㇻを文字で残すことを勧める。
幼い頃から聴いていたユカㇻを日本語に訳す……文字を持たないアイヌ文化を文字に残すことがアイヌ民族にとって、そしてテルにとって大切なことと感じ、上京する決心をする。
再び北海道に戻ることができない運命が待っていることを知らずに……。

more

CREDIT

監督・脚本 菅原 浩志
「ぼくらの七⽇間戦争」「写真甲子園0・5秒の夏」「早咲きの花」「ほたるの星」「北の残照」「ヌプリコロカムイノミ」
  • プロデューサー  作間 清子
  • 撮影   上野 彰吾
  • 美術   長 寿恵
  • 編集   時任 賢三
  • 助監督   桑原 昌英
  • 製作協力:写真文化首都「写真の町」北海道東川町

映画『カムイのうた』にご支援いただいた皆様には特典をご用意いたしております。

協賛一覧

映画『カムイのうた』にご支援いただいた皆様

  • 昭和木材株式会社
  • タカハタ建設株式会社
  • 畠山建設株式会社
  • 明治安田生命保険相互会社
  • SATO-GROUP SATO社会保険労務士法人
  • 公益財団法人 河川財団
  • 北都システム株式会社

※企業名の公表にご了承いただいた協賛企業を掲載をしております。

後援一覧

  • 公益財団法人北海道観光振興機構

  • 北海道運輸局

  • 北海道経済連合会

  • 一般社団法人 旭川観光コンベンション協会

  • 旭川市

  • 旭川市教育委員会

  • 公益財団法人 北海道アイヌ協会

  • 公益財団法人アイヌ民族文化財団

  • 全国新聞社事業協議会(共同通信社)

  • 株式会社モンベル

  • 北海道新聞社

※公表にご了承いただいた後援団体・企業の順に掲載をしております。

オフィシャルパートナー一覧

  • 株式会社アマナ

  • サイバートラスト株式会社

  • SOMPOケア株式会社

  • 株式会社セブン銀行

  • NECネッツエスアイ株式会社

  • 株式会社ヌーラボ

  • キヤノンマーケティングジャパン株式会社

  • エア・ウォーター北海道株式会社

  • 株式会社ツナグ・ソリューションズ

  • 株式会社シー・エム・エス

  • 第一生命保険株式会社

  • サツドラホールディングス株式会社

  • クロスプラス株式会社

  • 日本航空株式会社

  • 明治安田生命保険相互会社

  • 株式会社バリュークリエイト

  • あすみらい株式会社

  • 富士通Japan株式会社

  • TTKホールディングス株式会社

  • 株式会社WHERE

  • ポリバレント株式会社

  • 株式会社山一商事

  • 岩塚製菓株式会社

  • 東京カメラ部株式会社

  • 株式会社阪急交通社

  • CKD株式会社

  • 株式会社R-body